コンテンポラリー・ワールドミュージック・ガイド

聴いてよかったと思った作品やアーティストなど、ワールドミュージックについての記事を書いています。

2015年09月

スペインの生まれのピアニスト、アレックス・コンデ。 バレンシアの音楽学校でクラシックを学び、卒業後は奨学金を得て名門バークリー音楽学校でジャズを専攻します。 バークリーではウェイン・ショーター、マリア・シュナイダーなどに師事していたそうです。 2008年にはバ…
>>続きを読む

Arifaという音楽グループは中東やバルカン半島のトラディショナルな音楽、ジャズや現代的な即興性のある演奏を聞かせてくれます。 基本メンバーはサックスやクラリネットのAlex Simu、アラブバイオリン、ネイ(主にトルコのスーフィー音楽などで使われる笛)担当のMichalis C…
>>続きを読む

1955年生まれ、セルビア北部のヴォイヴォディナ地方出身の作曲家で様々な楽器(主にサックスやリード系)を演奏する音楽家ボリス コヴァッチ。 演劇や映画などの音楽の仕事も多く手がけていたり、クラシック音楽の素養。さらには出身のヴォイヴォディナ地方や東欧の伝統音楽…
>>続きを読む

トルコの音楽家 フレットレスギターなど Erkan Oğur (エルカン•オグル)  1954年生まれ、トルコの音楽家 幼少期にバイオリンやサズ(トルコの弦楽器)に興味を持ち、練習するようになりました。学生のころは物理学を専攻しましたが、途中で音楽の道を目指し、 作曲、楽器…
>>続きを読む

日本を代表するトラディショナルな古典音楽の雅楽。世界的に著名な作曲家だった武満徹さんが『秋庭歌一具』(しゅうていがいちぐ)という雅楽的な作品を残しています。 普段はあまり雅楽というものを聴かないのですが、この作品は普通の雅楽とは少し違う印象を受けます。武満…
>>続きを読む