コンテンポラリー・ワールドミュージック・ガイド

聴いてよかったと思った作品やアーティストなど、ワールドミュージックについての記事を書いています。

2015年07月

ペルーの知る人ぞ知る名ギタリスト、FELIX CASAVERDE (フェリクス・カサベルデ)を紹介します。 初めて聴いたのはSomos Adu(ソモス・アドゥ)というアルバムでした。ギター、カホン、ボーカルでのシンプルな編成で、清涼感があり、素朴で、温かい雰囲気です。そしてギター…
>>続きを読む

クロンチョンとは16世紀にポルトガルがインドネシアを支配していた時代にポルトガル音楽に影響をうけて発生した音楽のことです。ジャカルタのトゥグーという町でポルトガル人移住区で混血が進みました。トゥグーに住み着いたポルトガル人はインドネシアに行き着くまでにアフ…
>>続きを読む

セネガル人の歌手Julia sarr(ジュリア・サー)が最近お気に入りです。 サリフ・ケイタやユッスー・ンドゥールなどのバックヴォーカリスト経歴があり、作曲もしています。 2005年のアルバム「Set Luna」はフラメンコの影響が色濃いギタリスト、Patrice Laroseと共作の名…
>>続きを読む

南アフリカの偉大なピアニストAbdullah Ibrahim(アブドゥーラ•イブラヒム)は1934年生まれのジャズピアニスト、作曲家です。以前はDollar Brand(ダラー・ブランド)という名前で活動されていました。幼少はケープタウンで過ごし、アフリカ音楽はもちろん様々な音楽の影響を…
>>続きを読む

SANAA MOUSSA (サナ•ムーサ) はパレスチナ人の歌手でアッパーガラリヤ(今はイスラエル?)のデイル アル アサド村というところの音楽一家に生まれました。父のALI MOUSSA)アリ•ムーサ)も音楽の素養があったということです。 2010年に10曲入りのアルバム『Ishraq Remini…
>>続きを読む