Terry Riley(テリー・ライリー)はミニマル音楽を代表する作曲家です。ミニマル音楽というのは 短いメロディやフレーズを繰り返して曲を構成していく曲を指します。
テクノなどの様にリピートする音楽なのでトランス状態になるような感じもあります。

1964年に作曲されたテリー・ライリーの代表作『In C』は楽譜にフレーズがたくさん書いてあり、その中から自由にフレーズを始めるタイミングを決めて半分即興演奏のように曲が進行していきます。演奏している人も楽しそうな曲ですね。

その『In C』に中国楽器とアフリカ楽器で演奏された作品があり面白いので紹介したいと思います。

1989年に録音された上海フィルム・オーケストラという楽団の中国楽器で演奏された『In C』。
途中に入る声や銅鑼的なゴング、レガートする胡弓、琵琶など東洋テイストのミニマル音楽は面白くて珍しい作品ですね。



『Africa Express Presents… Terry Riley’s In C Mali』
こちらは2014年の結構新しい録音。アフリカのマリ共和国で録音されたアフリカ楽器による『In C』。コラやカリンバやバラフォン、ボーカルも入っていますね。シャイカー、パーカッションのリズミカルな部分もとても楽しいです。アフリカの雰囲気ってこういうミニマルな楽曲にとても合いますね。
ブライアン•イーノやデーモン•アルバーンなども参加しています。